1887年、ドイツからの移民、ピーター・ルーガーと甥のカールが、レストラン「Carl Luger's Café, Billiards and Bowling Alley」をオープンしました。カールが死去した後、店名を「Peter Luger」へ変更しステーキハウスとしての認知を高めていきました。1941年、ピーターが死去すると、息子のフレドリックが事業を引き継ぎましたが、その後、経営不振により店をオークションにかけ、店舗の向かいに会社を構えるメタル製品などを生産するForman Familyのソル・フォーマンにより落札されました。ソルは毎日のようにステーキを食べるほどの肉好きだったと言われています。2001年、 98歳でソルが亡くなった後は、 2人の娘、 エイミー・ルーベンスタインとマリリン・スピエラが後を継ぎ、 現在では、ソルの子孫が経営を行っています。